2019年11月21日

Directorsより今オススメのコーディネートをご紹介します⑦

今日は寒くなってきたこれからにオススメなレイヤードで、FUJITOのフードコート、ボアベストを使ったコーディネートをご紹介します。このフードコートは少し薄手な生地感ですが、ゆったりとしたシルエットで中にボアベストやフリースブルゾンなど組み合わせていただくと保温性も増すなど着回しの効く1着です。今回のコーディネートのボアフリースのベストと少し厚手なリブセーターの組み合わせは、温かくオススメのレイヤリングスタイルです。パンツはコーデュロイ素材のワイドスラックスで、シューズは温かみのあるスウェードが特徴のSTOCK NO:でFUJITO別注のものをチョイスしています。これらのご紹介したアイテムは、店頭とウェブショプ、インスタグラムでもチェックしていただけますので是非ご覧ください。

Directors Web Shop →  http://fujito.theshop.jp

Instagram Account → @fujito_fukuoka 






◎FUJITO : Hood Coat Khaki,Top Gray,Navy 39,000円(+税)

◎FUJITO : Boa Vest Camel,Navy 34,000円(+税)

◎FUJITO : C/N Rib Sweater Charcoal,Navy 24,000円(+税)

◎FUJITO : Corduroy Wide Slacks Navy, Brown 26,000円(+税)

◎STOCK NO: : Moccasin Boots FUJITO別注 Mustard 37,000円(+税)

◎FUJITO × CHAPMAN : Tote Bag Navy 49,000円(+税)

Takumi Matsuo

2019年11月18日

SHU Warm Jacketを着用した画像でご紹介します

今日は寒い時でも中に着込まなくても温かい、ロシアのブランドSHUのウォームジャケットを着用した写真でご紹介します。このジャケットは中綿にアメリカのデュポン社のSUSTANSを使っていて保温性が抜群です。マットで上品な雰囲気の表地はメンブレン生地で撥水性もあり、存在感があるフードはジップで簡単に着脱可能です。着こなしもカジュアルからビジネスまで幅広く使い勝手が良い1着です。コーディネートの写真のように、前は開けて中にFUJITOのモヘアセーターのような少し存在感があるアイテムを着てみるのもオススメです。写真に載っているアイテムは、店頭とウェブショプ、インスタグラムにもアップしていますので是非ご覧ください。

Directors Web Shop →  http://fujito.theshop.jp

Instagram Account → @fujito_fukuoka 


◎SHU : Warm Jacket Black 36,000円(+税)
◎FUJITO : Argyle Mohair Sweater Beige,Charcoal 26,000円(+税)
◎FUJITO : Knit Cap Khaki,Brown,Top Gray 7,000円(+税)





Takumi Matsuo

2019年11月17日

DirectorsよりオススメのSweaterをご紹介します

今日は寒くなると恋しくなってくるセーターで、少し厚手のものをご紹介します。まず最初はFUJITOのアーガイル柄が特徴のモヘアセーターで、肌触りの良く軽さと保温性にも優れた1着です。そして次はFUJITOでは定番のリブセーターになります。このセーターはウールとナイロンの混紡で身頃と袖が違う編み方になっているのが特徴です。それぞれ違うカラーネップの糸が効いています。次はドイツ製のヘイマットのクルーネックセーターで、ヴィンテージの編機で編まれた他にはないヘビーウェイトな生地感が特徴の1着です。次のN.O.UNの3Dセーターはホールガーメントという無縫製の編み方で出来ていて、肩や脇に縫いしろが無いためストレス無く着ていただけます。縫製が無い独特な仕様のポケットも特徴的です。最後はイタリアのCRESPIのラムウールパーカーです。肌触りの良い目の詰まった生地感で保温性も高い1着です。それぞれのセーターは編み方や糸の違いなどで表情も変わりいろんなスタイルで楽しんでいただけます。これらのアイテムは店頭とウェブショップ、インスタグラムでもチェックしていただけますので是非ご覧ください。

Directors Web Shop →  http://fujito.theshop.jp

Instagram Account → @fujito_fukuoka 



◎FUJITO : Argyle Mohair Sweater Beige,Charcoal 26,000円(+税)


◎FUJITO : C/N Rib Sweater Charcoal,Navy 24,000円(+税)


◎Heimat : Crew Neck Sweater Yellow,Natural,Navy 28,000円(+税)



◎N.O.UN : 3D Knit Cherry,Black 15,800円(+税)


◎CRESPI : Lambwool Hoodie Gray 18,800円(+税)

Takumi Matsuo

2019年11月16日

ROBERT MACKIE Wool Beret & Wool Scarfのご紹介です

今日はスコットランドの老舗ブランド'ROBERT MACKIE'より、寒くなる今からに活躍してくれるウール素材のベレー帽とスカーフをご紹介します。このベレー帽とスカーフはウール100%で生地感は柔らかく保温性も抜群です。ベーシックなデザインで、カラーは上品な雰囲気があるブラックウォッチなのでいろんなスタイルに合わせやすくオススメです。男性、女性問わないこのアイテムを、これからだとセットでギフトなんかはいかがでしょうか。是非店頭とウェブショップにもアップしますのでご覧ください。

Directors Web Shop →  http://fujito.theshop.jp

Instagram Account → @fujito_fukuoka 



◎ROBERT MACKIE : Wool Beret Black Watch 4,900円(+税)


◎ROBERT MACKIE : Wool Scarf Black Watch 5,600円(+税)



Takumi Matsuo

2019年11月15日

SBB Lite Ribersible Jacketを着用した写真でご紹介します

今日は寒くなってきた今からにオススメなイタリアのミリタリーブランドSBBのリバーシブルジャケットを着用した写真でご紹介します。このジャケットは、軽量で中綿が入っていてパッカブルタイプという特徴とリバーシブルで着ていただけるという特徴があります。今回は裏と表でコーディネートした写真になり、カラーが違うと雰囲気も変わり着こなしの幅も広がります。表のフロントは前立てがあるのに対して、裏面はジップのみのシンプルなデザインです。サイズ感はネイビーとブラックタイプはLサイズになり、タンとオリーブタイプはMサイズを着用しています。着用の写真ではLサイズの方は少しゆったりと着ていて厚手のスウェットパーカーを合わせ、Mサイズは薄手のFUJITOのラガーセーターを着ています。サイズで雰囲気も変わるのでスタイルに合わせてチョイスしてみてください。紹介したアイテムは、店頭とウェブショップ、インスタグラムにもアップしていますので是非ご覧ください。

Directors Web Shop →  http://fujito.theshop.jp

Instagram Account → @fujito_fukuoka 



着用モデル 174cm,サイズ L


着用モデル 174cm,サイズ M







brand : SBB
name : Lite Ribersible Jacket
color : Black/Navy,Olive/Tan
size : M,L
price : 16,800円(+税)

Takumi Matsuo

2019年11月14日

FUJITOのアイテムを使ったレイヤリングをご紹介します

今日はこれからにオススメで、FUJITOのアイテムでは定番のレイヤリングのフードコートとフリースブルゾンの組み合わせをご紹介します。写真でご紹介しているように首元と袖口にストラップが付き、これを付けることで脱いだり着たりするのがスムーズになります。このレイヤリングでは風を防ぎ、撥水や保温性もあるのでこれからのシーズンには最適です。そしてこの組み合わせ以外にも、今までのFUJITOアイテムでモッズコートやマウンテンパーカーなども同様フリースブルゾンと組み合わせていただけます。ご紹介した今回のフードコート、フリースブルゾンは、店頭とウェブショップ、インスタグラムでもチェックしていただけますので是非ご覧ください。

Directors Web Shop →  http://fujito.theshop.jp

Instagram Account → @fujito_fukuoka 




◎FUJITO : Hood Coat Khaki,Top Gray,Navy 39,000円(+税)



◎FUJITO : Fleece Blouson Camel,Navy 32,000円(+税)


Takumi Matsuo